사용자 삽입 이미지
 

  プノムバケンはクメール帝国 4台王であるヤソバルマン1歳がご先祖を称えてバケング山頂に作ってシバシンに憲政した寺院だ。 王はツァンパ族(ベトナム)やシャム族(タイ)など外的の侵入に備えてロ-ルロス遺跡を捨てて新しい所で遷都を決心するようになる。ヤソバルマン1歳はシエムリブ密林上に高く湧いたバケンを見てこれを中心に自分の名をつけた 'ヤソダラプラ'と言う新しい首都を建てた。


  バケン寺院もメルサン(須彌山)を形象化したことなのに最上端に5個の塔を含んで皆109個の塔があったと言う。中央性巣塔を除いた108塔は月の4種形象の旧暦月平均である 27日週期の 4ヶ月を意味する。

 中央の五つ塔を取り囲んだ 5個の団があって各段ごとに12個の小さい塔があるのに12悪知恵を象徴する。基礎底周りにも44個の塔たちが建てられている。皆 7階であることはヒンズー教神話の 7個天国を形象化したのだ。


  実はバケングは高さは67mに過ぎず、頂上まで上がるのに20分しかかからない。67mが高いという話に笑うかも知れないが終りもない密林の平原で唯一の山バケンが高く見えることは当たり前の事であるでしょう。


 アンコールワットやアンコールトムが作られなかったこの時期にプノムバケンはクメール帝国最高の建築物だった。フランス文化部長官アンリムーアはバケン頂上でクメール帝国の遺跡を見下ろしながらこんな話をしたと言う。

"神殿の階段を踏んで頂上に上がったらあまりにも美しくて広大な大自然のパノラマが開かれる。建築に卓越な審美的感覚を誇示して来たこの民族がこのような明堂を選んだということは決して驚きべきではない。"


 プノムバケンの真面目は寺院頂上で眺める自然湖トンレシャブと熱帯密林で果てしなく開かれる日の入りだ。ここで眺めるアンコールワットの遠景も '敬意' そのものだ。午後6時頃なら、寺院は人々で踏み所がない位だ。まるで世界の人種博物館を見るようだ。


 当時アンコール・ワットの人口は百万名に至ったと言う。その領域もタイとラオス、ベトナムを迫るほどに広大だったと。三国志には当時中原を制覇した一国との戦争を経験して元国が酒疸官を派遣して交流するほどに莫強した権力を行使したと記録されている。


ところで 9世紀から15世紀まで600年の間、東南アジアに影響力を発揮したクメール帝国を支えたヤソダラプラの100万市民はマヤ人たちのように一瞬に忽然と消えてしまう。その後で600年間都市は密林の中
伝説にだけ記憶される。どこに行ったことだろう? 100余年の前までクメール人たちはアンコール遺跡を神々の領域で思って、侵犯すれば命を失うと思って接近さえしなかったと言う。


 消えたヤソダラプラ市民たちに対してはさまざまなうわさがある。一番目はシャム族(タイ)が攻め寄せて都市を徹底的に破壊して虐殺したし生き残った者等は皆、奴隷に連れて行ったということ。その後でシャム族がタイ最初の王朝を立てたので信憑性がないのではない。


  当時、寺院工事に動員された人だけ10万名にのぼったと言うのに、これは全体人口の10%にあたる数字だ。それで学者たちは残酷な労役に苦しんだ奴隷たちが反乱を起こして住民たちを虐殺して都市を捨てて脱出したという説を申し立てている。

 
ある学者たちは"それでも人々の跡さえ消えたということは理解することができない"と伝染病が回って市民たち大部分が死亡したと主張する。生き残った者等は都市を脱出したしアンコールは神様の呪いを受けた禁断の地になって侵犯すれば死に至る所に変わってしまったというのだ。


사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.

プレループ (Pre Rup) はカンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、ヒンドゥー教寺院である。プレは変化、ループは体を意味し、かつて境内で行われたと伝わる火葬を名の由来とする。東バライに浮かぶ東メボンの真南にそびえる。ラージェンドラヴァルマン王による建立で、961年頃には神々が祀られていた。この土地はかつてヤショーヴァルマン1世が建立した僧坊の敷地であったとする説がある。境内に在る石槽では、死者を荼毘に付し、その灰で死者を描く儀式が行われたと伝わり、名の由来となっている。現在はカンボジアの安定に伴い、多くの観光客が訪れている。寺院はラテライトと煉瓦で主に築かれている。環濠は無く、東バライをそれに見立てたという説がある。外周壁はラテライトで築かれ、東西南北に塔門を備える。内周壁もラテライトで、四方に煉瓦で築かれた塔門を備え、それを抜けると、死者を荼毘に付したという石槽が見られる。その先には三層の基段が重ねられており、登ると四方に祠堂がある。それに囲まれて二層の基段が重なり、最上層に中央の祠堂がそびえる。そこからはカンボジアの平原が一望でき、夕日とアンコールワットを共に見られる場として、夕暮れの頃に人を集めている。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지


신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
신고
Posted by Dharma.

プリヤ・カーン (Preah Khan) は、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、仏教とヒンドゥー教の習合寺院である。名は「聖なる剣」を意味し、かつて境内で発見された剣に由来する。アンコール・トムの北東に位置する。この地はかつてヤショーヴァルマン2世の王宮が建てられており、寺院を建立したジャヤーヴァルマン7世は、王宮を支配していたチャンパ王国のジャヤ・インドラヴァルマン4世をここで戦って討ち、その跡に自らの父を模して彫らせた観世音菩薩像を1191年に安置した。かつて寺院には千人以上の僧侶が住み、それを支える荘園が与えられ、そこには97,840人が暮らしていたという。ヒンドゥー教の神々や土地の聖霊らも境内に祀られていたが、後にヒンドゥー教を信じるジャヤーヴァルマン8世により仏像は破壊された。今はカンボジアの国教である仏教の僧侶らが境内で祈祷を行っている。溶樹の繁殖や彫像の盗難による損壊が大きく、今も修復が行われているが、カンボジアの安定に伴い多くの観光客が訪れている。名の由来となった聖なる剣は、プノンペンの国立博物館に収められている。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.


티스토리 툴바