アンコールトムは一辺3kmの堀と、ラテライトで作られた8mの高さの城壁で囲まれている。外部とは南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門の5つの城門でつながっている。各城門は塔になっていて、東西南北の四面に観世音菩薩の彫刻が施されている。また門から堀を結ぶ橋の欄干には乳海攪拌を模したナーガになっている。またこのナーガを引っ張るアスラ(阿修羅)と神々の像がある。アンコールトムの中央に、バイヨン (Bayon) がある。その周囲にも象のテラスやライ王のテラス、プレア・ピトゥなどの遺跡も残っている。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


신고
Posted by Dharma.

12世紀末にジャヤバルマン七世が建設したものです。その後ジャヤヴァルマン八世が13世紀の後半に改修しています。王宮の前にあり、王族たちがテラスの上から閲兵したもので、長さは300メートル以上あります。テラスの壁面には象やガルーダのレリーフがたくさん彫り込まれています。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지

신고
Posted by Dharma.
ソーマー王女 (蛇の頭がここのつ付いている神さまの娘)が暮した伝説の故郷.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지


インドシナ半島の三ヶ国-ベトナム,カンボジア,ラオス. 私たちには共通にフランスの植民支配を受けて1970年代以後社会主義国家の道を歩いた国で記憶される。

特にカンボジアはクメール ルージュ(Khmer Rouge)の執権期の1970年代後半,全国土が言葉どおり死の野原になった事件を扱った‘Killing field(Killing Field)’という映画で暗い記憶を垂らしている。 軍事政権の刃物などが鋭く光った学生時代に団体観覧を通じて,カンボジア全体人口が800万人だった当時に処刑されて虐殺された人が何と200万人という事実に接しながら,驚きを禁じられなかった。

千年の神秘を大事に保管したアンコール遺跡地のシエムニプ(Siem Reap)へ行く道は通常の観光地とは違うようにそんなに易しくはない。 直航路線を乗って行けば良いが,事情が不如意である大部分の東南アジア リュックサック旅行者らはタイを経て,カンボジアで入国する。 タイにもバンコク エアーが運行するバンコク-シエムニプ行った航空路線があったりするが独占なので価格が非常に高いためだ。 一般的にリュックサック旅行者らはタイの国境都市であるアラニャプラテッ(Aranyaprathet)を経て,カンボジア国境都市であるポイペッ(Poipet)をジナ シエムニプでに移動する。 ところでポイペッでシエムニプでに移動する道路が包装されていなくて思ったより時間がたくさん必要とされる。 お尻を痛くする自動車のガタガタ音を立てることと自動車が過ぎ去れば土ぼこりが覆われるようになる畑堤防道. 我が国1950年代農村の風景と似る。

当時の宇宙観を表現した‘アンコール ワット
アンコール遺跡はクメール帝国の社員らで,1992年ユネスコ世界文化遺産と指定される程人類が残した立派な建築物と評価されている。 雄壮で巨大な建築物がとても繊細な組閣らでいっぱいだ。
사용자 삽입 이미지
あまりにも膨大な遺跡が散らばっていて,一日に社員をみな見回すのはほとんど不可能だ。 遺跡ごとに別途の入場料がない代わりに統合入場券(1日券,3日券,7日券)を発行するので日程に合うように計画を組んで観覧した方が良い。 莫大な分量上かなり難しいことだが,インド古代のサンスクリット大叙事詩の‘マハーバーラタ(Mahabharata)’と‘ラーマーヤナ(Ramayana)’をあらかじめ読んで行けばもう少し深みある感想ができる。

アンコール ワット(Angkor Wat)はアンコール遺跡の中で遺跡では最も規模が大きいのだ。 当時の人々の宇宙観を建築物で表現したことで,‘石で作った宇宙の模型’ということができる。 他のと違い死を象徴する西の方に入口が出ていて,建築目的に対して色々と分析したりもする。 大きく3階になっていて上の層でますます面積が少しずつ狭くなる。 1階回廊には一方向に2種類主題で組閣して,総8ヶの主題を表現したのに,精巧さの極限状態を成し遂げる。 各階の外部には回廊があって,3階中央と隈にはレンゲつぼみを形象化した5ヶの塔がある。 アンコール ワットを上がれば地獄で至高の天上世界を行ってくることだと表現するのに,今は工事中なので上がることはできない。

사용자 삽입 이미지
自然の二重性をのぞくことができる‘タ・プローム’

アンコール帝国の最後の首都であったアンコールトム(Angkor Thom)はその中に色々な遺跡が集まって,団地を成し遂げている。 神の世界と人間の世界を連結する虹を意味する南門を通じて入場するのに,内部にはバイヨン(Bayon)をはじめとして,象テラス, バーフオン(Baphuon),ピミアナカス(Phimeanakas)等がある。
 特にアンコールの微笑で呼ばれる四面像はチァヤバルマン7才(Jayavvarman‡Z)‚〓轤セと見なされる。現在は54のの中36ヶだけ残っている。

사용자 삽입 이미지
アンコール遺跡中独特の見どころを提供する所はタ・プローム(Ta Prohm)だ。 アンゼリナ・ゾーリが出演した映画‘トゥーム レーダー(Tomb Rader)’の撮影会場でも有名なこちら-そのおかげで映画を撮影しながら,アンゼリナ・ゾーリがスタッフらとしばしば立ち寄ったという(Psah Chas)のカフェ‘レッド ピアノ’も有名で,ジョリーがカンボジア子供を養子にする契機になることもした-はあたかも廃虚のように放置されている印象的な遺跡だ。 時間の流れと共に自然がどのように遺跡を崩れるようにしたのかその過程と結果を見せている。 ジャングルのように巨大な木の根元と幹が遺跡の柱と屋根を抱え込んだり押し倒している姿が異色であり,破壊と創造という自然の二重性を見られる。 自身の胸が鳴る声を聞くことができる‘号泣の部屋’も省けない見ものだ。

사용자 삽입 이미지
この他にも美しい日暮が見られるプノム パケン(Phnom Bakeng),アンコール遺跡の中で最も美しいバンテアイ・スレイ(Banteay Samre),等も逃せば惜しい遺跡らだ。

신고
Posted by Dharma.
신고
Posted by Dharma.


アンコール・トム は

アンコール・トム (Angkor Thom) は、アンコール遺跡の1つでアンコールワット寺院の北に位置する城砦都市遺跡。12世紀後半、ジャヤーヴァルマン7世により建設されたといわれている。周囲の遺跡とともに世界遺産に登録されている。

アンコールは、サンスクリット語のナガラ(都市)からでた言葉。またトムは、クメール語で「大きい」という意味。

アンコールトムは一辺3kmの堀と、ラテライトで作られた8mの高さの城壁で囲まれている。外部とは南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門の5つの城門でつながっている。各城門は塔になっていて、東西南北の四面に観世音菩薩の彫刻が施されている。また門から堀を結ぶ橋の欄干には乳海攪拌を模したナーガになっている。またこのナーガを引っ張るアスラ(阿修羅)と神々の像がある。

アンコールトムの中央に、バイヨン (Bayon) がある。その周囲にも象のテラスやライ王のテラス、プレア・ピトゥなどの遺跡も残っている。







신고
Posted by Dharma.


티스토리 툴바