사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
확대





신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지

まだ闇が消えない早朝. 100人を越える人々が小さい池ある片隅に集まって,一ケ所を穴があけ凝視している。 人々の表情の中ではときめきといらだちが同時ににじみ出る。

人々隙間を広げて入って,展望良いところに席を占めた。 世界7代不思議中の一つで指折り数えられるカンボジアの‘アンコール・ワット’. 太陽の下まばゆいばかりに光る寺の姿を想像しながら,静かに目をとじる。

どれくらい待ったのだろうか。 退屈なだけした闇のかなた向こう側で赤い光が漂い始めた。 やがて闇のベールが一つずつ晴れながら,千年の神秘を大事に保管した古代のなぞが黒いシルエットを表わした。 天上の世界を象徴する5ヶの塔がまぶしい日差しの中に姿を現わして,あちこちで‘わー!’という感嘆の声が聞こえてくる。 ‘かちゃんかちゃん’,目の前に繰り広げられる驚異的な風景を一つでもさらに入れて行きたい人々の手つきが忙しい。

사용자 삽입 이미지

寺の前小さい池水面上できれいな光空ときれいな姿のアンコール・ワットが反映されて,また他の世の中が作られる。 赤紫色レンゲの間に映るアンコール・ワットの姿は美しさを越えて神秘なほどだ。

アンコール・ワットは1000年前派手な文化の花を咲かせたクメール王国の偉大な遺産だ。 12世紀頃インドシナ半島全域を治める程強大な力を自慢したが,不可思議な理由で衰退し始めて15世紀に達して,突然に跡をくらました。

人々は一言の記録もなしで巨大な都市を捨てて一瞬に密林の中に消えてしまったクメール王国を置いて解けないなぞと話す。
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

アンコール・ワットに行けば3度驚くことになるという話がある。 一番最初に雄壮な規模に驚いて,左右対称の完ぺきな均衡美に驚きながら,最後に繊細さに驚くことになるということ。 濃霧が夢幻的に広まり始めた人工貯水池を過ぎて,伸展入口にのぼって,その言葉が決して誇張でないことを知ることになる。

幅200mの垓字に囲まれた総周り5.5kmの壮大な社員はパリ ノートルダム社員の3倍に該当する大きさという。 エジプトのクフ王ピラミッドに使われた石と同じ量の石がアンコール・ワット寺院を作るのに使われたというから,その雄壮さがねらいさえならない。 一寸誤差もない正確な対称構造で神々の住みかのメルサンを形象化した寺は均衡美をろ過なしに見せる。
사용자 삽입 이미지

何よりも果たしてこれが石を整えて作ったことかという疑問を持つ程繊細で情交してみる人々の感心をかもし出す。 石の上に彫られた派手な服と装身具で美しく飾った美しい天上の天女らの微笑はどれ一つ全く同じなのがなくて,彼らの嬌態あふれる姿は愛らしいほどだ。 本当に1000年前クメール王国には天上の天女が生きていないかという考えになる。


신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지


言葉では言えない美しさでいっぱいなアンコール遺跡. そのうちでも白眉はアンコール・ワットだ。 アンコール・ワットはアンコール遺跡を代表する最も大きい寺でクメール建築を代表する最高宝物だ。
사용자 삽입 이미지

アンコール・ワットはヒンズー教宇宙観に立った宇宙を形象化した姿をしている。 寺内五ヶ塔中で中央にある高い塔はヒンズー教で話す天上の山人メルサン峰を象徴する。 城壁は世の中を囲んだ山脈,垓字はこの世とあの世を行き来する海を象徴する。

アンコール・ワットに入るためには寺を囲んでいる幅200m垓字を渡らなければならない。 本来この垓字には数多くのワニらが生きたと伝えられるのに,今はただ静寂だけが流れるだけだ。

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
寺の中壁面全体には巨大な不調がパノラマのように精巧に刻んでいる。 クメール帝国歴史を記録しておいた大叙事詩で,自ずから感嘆の声を連発するようにする。 すべての壁画の不調らは即座に壁で飛び出してくるように生々しくて精巧だ。

中央塔に上がるためには70度傾斜の階段を手と足を皆利用して這い上がらなければならない。

사용자 삽입 이미지

以前には王と私製だけが上がっては下りたというのに,階段終わりにのぼればアンコール・ワット全景がすがすがしく目に映る。

フランス人探検家アンリ・ムーアが発見する前まで数百年をジャングルの中に放置されていたし,カンボジア内戦までより増したのでアンコール・ワット遺跡は大部分復元が不可能な状態という。

사용자 삽입 이미지

現在復旧のための努力を傾けているけれど,すでに遺跡70%以上が消失した状況なので完全な復元は大変だと。 現在残っているアンコール・ワットを見回していますと,繁盛したクメール帝国がどれくらい派手だったかもより一層気がかりだ。


신고
Posted by Dharma.



アンコール・ワットは、

カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建築。

アンコールは王都、ワットは寺院を意味する。大伽藍と美しい彫刻からクメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれている。


12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、ヒンドゥー教寺院として三十年余の歳月を費やし建立される。

1431年頃にアンコールが放棄されプノンペンに王都が遷ると、一時は忘れ去られるが再発見され、アンチェン1世は1546年から1564年の間に未完成であった第一回廊北面とその付近に彫刻を施した。孫のソタ-王は仏教寺院へと改修し、本堂に安置されていたヴィシュヌ神を四体の仏像に置き換えたという。


中央祠堂(1866年撮影)1586年、ポルトガル人のアントニオ・ダ・マグダレーナが西欧人として初めて参拝し、伽藍に対する賛辞を残している。1632年(寛永9年)、日本人の森本右近太夫一房が参拝した際に壁面へ残した墨書には、「御堂を志し数千里の海上を渡り」「ここに仏四体を奉るものなり」とあり、日本にもこの仏教寺院は知られていた事が伺える。1860年、寺院を訪れたフランス人のアンリ・ムーオの紹介よって西欧と世界に広く知らされた。

1887年、カンボジアが仏領インドシナとされ、1907年にシャムからアンコール付近の領土を奪回すると、フランス極東学院が寺院の保存修復を行った。1972年、カンボジア内戦によって極東学院はカンボジアを離れ、寺院はクメール・ルージュによって破壊された。この時に多くの奉納仏は首を撥ねられ砕かれ、敷石にされたという。

1979年にクメール・ルージュが政権を追われると、彼らはこの地に落ち延びて来た。アンコール・ワットは純粋に宗教施設でありながら、その造りは城郭と言って良く、陣地を置くには最適だった。周囲を堀と城壁に囲まれ、中央には楼閣があって周りを見下ろすことが出来る。また、カンボジアにとって最大の文化遺産であるから、攻める側も重火器を使用するのはためらわれた。当時置かれた砲台の跡が最近まで確認できた(現在は修復されている)。

だがこれが、遺跡自身には災いした。クメール・ルージュは共産主義勢力であり、祠堂の各所に置かれた仏像がさらなる破壊を受けた。内戦で受けた弾痕も、修復されつつあるが一部にはまだ残っている。
 
 




















신고
Posted by Dharma.


티스토리 툴바