'カンボジア/トンレサップに関する文 3

  1. 2008.03.30 黄土色の水路に付いて開かる トンレサップの水上村
  2. 2008.03.19 トンレサップ 1
  3. 2008.03.17 トンレサップ
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
 

 神々の都市カンボジアシエムリアプにはアンコールワット劣らずとても有名な所がある。アジアで最大大きさを誇るトンレサップ(Tonele Sap)湖だ。一名 ‘陸地の海’と呼ばれるこの巨大な湖はカンボジア人には生命水のような所だ。シエムリアプ市内中心で南に約15㎞距離にあり、トンレサップ船場まではバスで30分位なら到着することができる。


トンレサップの大きさは長さ160㎞、幅36㎞や、雨季と乾季によって湖の姿が完全に変わる。乾季の追いこみである5月頃には湖面積が2,500㎢で減ってから雨季になればおおよそ2倍以上増える。雨季の頂点に至れば湖の大きさが国土の20%を占めると言ったら驚かざるを得ない。


850余種の魚がいて語族資源の豊かなトンレサップはなによりも水上家屋があってもっと有名な湖だ。他の国と違いこちら水上家屋たちの特徴は水の上に浮かんでいる船自体が家という点だ。綱で船を縛って据え付けたが水勢によっては家たちがどんどん漂ったりする。眺めるだけで不思議で驚異的できわまりない。


乾季である近頃トンレサップに向ける道はほこりを飛ばしてデコボコした未鋪装道路を通らなければならない。もとの通りに両方には木柱で差しておいたしまりがない家たちが長く竝んでいる。雨季になれば水に浸って水上村に変わる所だと言った。素足の子供たちから ‘頭を気を付けてください’という案内を受けてトンレサップに向ける船に上がった。たとえ古く見えたが船場には小型船がぎっしりした。ちょうど船の汽笛を鳴らして大型船一尺が窮屈な水路に付いて船場に入って来ていた。カンボジアの首都プノンペンを出発してトンレサップの水を汲むさかのぼってシエムリアプに到着するものと言った。


湖に向ける水路では小船と漁船、水上村で住む人々の交通である渡し船たちで慌ただしかった。水路ではもちろん湖の水も考えとは違いいちめん黄土色の水だ。国土の大部分が黄土だからだと言った。おかげさまで土地が肥えて農作物作況が良いと言ったら貧しいカンボジア人々にはそれさえも幸いという気がした。


黄土色の水路に付いて開かれる周辺の風景が尋常ではなく見えた。水の上に浮かんでいる小学校と運動場、教会、アメリカの救護団体の事務室などがまず目に入って来た。首だけ突き出したまま水中で魚を捕る人々を後にして小船が遂に海のような湖に至ると開けた全景に人々は嘆声を上げた。


水平線が見える遠くに村が見えた。ふっと見るには陸地のように見えた。しかし小船が身近に近付くほどその所は陸地ではなく広闊な湖の真ん中だった。湖に浮かんでいる村だ。水の上に浮かんでいる町が隣りの町のように見えた。人と家畜と花が似合った水上家屋は生の熱気を濃く漂っていた。


マーケット、金物屋、警察署、美容室、雑貨店などあるべきなものなどはすべてある。夜には電気もついてテレビを見ることもできる。電気は自動車バッテリーを充電して使うと言った。


豚小屋の中の豚も外地から来たお客さんたちを嬉しく迎えている。町会館と見える所では町の住民たちが集まって宴をしていた。多分良いことがあったようだ。


水上家屋住民たちの80%はベトナムから来た難民たちだと言った。残りは極貧階層のカンボジア人たちだ。陸地で家を建てる事ができない都合で地価の心配ない湖に家を建てて暮すのだ。家ごとに住所はないが船ごとに固有番号が書かれている。この番号を見て遠くから友達や親戚らが尋ねて来ると言う。


湖ではさまざまな人々にあえる。魚を捕る人々はもちろん小船に食料品と果物、飲み物などを積んで売るために通う移動式露天商もいる。ママは櫓を漕いで幼い娘は蛇ショーをして息子はバナナを売っている切ない姿も目撃することができた。異邦人にはこのすべての風景が不思議に見えたりするが悽絶な生存姿に胸が締めて来ることを感じる。


こちら人々は主に魚を捕りながら生活している。トンレサップは ‘水半分肉半分’と言葉するほど魚が多い。特別に栄養補充が難しい全体カンボジア人にここでつかまった魚がタンパク質供給の70%を担当しているという説明を聞いてどうしてトンレサップがカンボジア人々になくてはならない一番大事な所なのかを分かるようになった。


カンボジア国民が感じる幸せ指数は世界3位と言う。実際に彼らを近くで会ってみれば常に先に顔をほころばしたように見える。一気に純粋な人々というのを感じることができる。生が大変で苦しくても明るいほほ笑みをすることができる余裕を持った人々。彼らを眺めれば私たちの日常的な姿がとてもぜいたくなではないか反省するようになる。


사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

신고
Posted by Dharma.
トンレサップは
トンレサップは、カンボジアに位置する湖であり、河系と結びついている。東南アジア最大の湖であり、クメール語で巨大な淡水湖 (sap) と川 (tonlé) という意味がある。一年のうちほとんどの期間、水深は1mに留まり、面積は2700平方kmしかない。形状はひょうたん形である。しかし、夏季のモンスーンの時期には湖からプノンペン付近でメコン川に流れ込むトンレサップ川が逆流する。そのため周囲の土地と森を水浸しにしながら面積は1万6000平方kmまで拡大して深度も9mに達する。淡水魚には陸上植物起源の有機物が豊富に供給され、また多量のプランクトンが発生する、このような一時的水域で繁殖するものが多いため、魚が大量に発生する。体重100kgを上回るメコン大ナマズ (Pangasius gigas) やフグなど600種類以上の淡水魚が生息する。雨季の終わりには水が引き、繁殖を終えた魚は川下に移っていく。トンレサップ水系で採れる魚は、カンボジア人のたんぱく質摂取量の60%を占める。

水が引くにつれ周囲に養分に富む堆積物を残すため、雨季以外には重要な農地が拓ける。浮き稲などが栽培されている。トンレサップ川が逆流することで、メコン川下流の洪水を防ぐ安全弁にもなっている。

トンレサップはインド亜大陸とアジア大陸の衝突によって引き起こされた地質学的な緊張による沈下のために形成された堰き止め湖である。

 















신고
Posted by Dharma.


티스토리 툴바