タ・プロームは、カンボジアにある、アンコール遺跡群と呼ばれる多くの寺院や宮殿などの遺跡群の内のひとつで、12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡。創建したのは、クメール人の王朝、アンコール朝の王ジャヤーヴァルマン7世。
 この遺跡は大自然と接しているため熱帯の巨木の浸食が激しく、三重の回廊に覆われたタ・プロームの遺跡には、文字通り樹木が食い込んでいる。あまりの酷さにインド政府はタ・プロームの修復計画を発表した。しかし、現在ここで議論が沸き起こっている。熱帯の巨大な樹木は遺跡を破壊しているのか、それともいまや遺跡を支えているのかという議論である。一般に遺跡の修復というものは、崩れている石材を積みなおし、失われた部材は補充してかつての姿を取り戻すために、作業計画を立案する。しかし、タ・プロームから巨木を切り払い、崩れている石材を元に戻した場合、この遺跡の魅力はなくなってしまうのではないのだろうか。だがこのままほうっておけば、遺跡は跡形もなく崩れ去ってしまうかもしれない。 2006年10月現在、この遺跡の修復方針をめぐって、ユネスコを中心とした活発な議論が継続中である。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지

過去の痕跡を探して離れる旅行はいつも興味深い。 さらに当時技術力で説明することができない建築技法と明らかにならなかった数多くの話を抱いている巨大な遺跡地ならば,興味は倍加される。 それで解けないミステリーでいっぱいであるアンコール・ワットはいつも旅行者らの足が絶えない。

多くの人々がアンコール・ワットに行くためにシエムニアプを探す。 9世紀から13世紀まで建てられた古代寺が残っている所で,アンコール・ワットと最も近くにある都市だ。

事実アンコール・ワットはシエムニアプに位置した巨大なアンコール遺跡地中一つに過ぎない。 アンコール遺跡地中最も多くの人が探す所で最も有名な寺に選ばれる。 それでアンコール・ワットとアンコール遺跡地はほとんど同じ意味に通じる場合がある。

アンコール遺跡地は9〜13世紀隆盛した文化の花を咲かせたアンコール帝国の過去の場所だ。 当時アンコール帝国は古代ギリシャ・ローマ文化よりさらに派手だった。 だがある日アンコール帝国は痕跡をなくした。 いつそして何の理由で消えたのかは誰も分からない。 そのように数世紀が流れたし,人々の記憶の中でアンコール帝国は消えた。 ただし長い間の歳月が流れて,伝説の中の国で人々うわさにのぼるのがすべてだった。

사용자 삽입 이미지

この伝説の中の帝国は1860年動・植物学者のアンリ・ムーアによって,世の中に知られた。 長時間密林の中に放置されたから毀損されたところが多かったが,アンコール帝国のきらびやかで雄壮だった文化の跡をのぞくのに足りなかった。 壁面と柱に彫られた精巧な不調らと雄壮な寺の建築様式は世界の人々の世間の注目を集めるのに充分だった。


アンコール遺跡地旅程のハイライトはアンコール・ワットとアンコール・トムだ。 その中クメール建築芸術の極限状態と評価されるアンコール・ワットはアンコール遺跡地を代表する寺だ。 膨大な規模を自慢する寺の大きさは同棲1.5km,南北1.増えたkmに達する。 寺の雄壮な姿は周辺について作られた垓字と交わって,水に浮いているように神秘な姿を演出する。

アンコール・ワットはスリヤバルマン2才の頃30年余りにかけて完成された。 他の寺とは違って入口が死を意味する西の方に出ていて,王の墓で使われたことと推測している。

사용자 삽입 이미지

アンコール・ワットで1.7km程度落ちたところにアンコール・トムが位置している。 'トム'は都市を意味する。 アンコール・トムは単純な寺でない,一つの都市であった計算だ。 アンコール・トムに入る入口には108ヶの大きな彫刻像が両側で長く立ち並んでいる。

うっそうとした密林の間で出た道路をついて行けばアンコール・トム中央に位置したバイヨン寺院を見られる。 バイヨン寺院は仏教で話す'世界の中心に立っている須弥山'を意味する。 回廊にはクメール軍人らの戦闘場面と当時庶民らの生活をのぞくことができる浮彫が刻んでいる。 バイヨン寺院は仏教寺院だが,ヒンズー教の象徴のアプサルラの姿も探してみることができて興味深い。

사용자 삽입 이미지

タ・プロームものがしてはいけない所だ。 映画'トゥムレイダー'撮影地で広く知られることになった。 永い歳月密林の中で隠遁していたとのことを証明するように巨大な木根に押さえられた建築物の姿が非常に印象的だ。


신고
Posted by Dharma.
확대
신고
Posted by Dharma.

タ・プロームは

タ・プローム(Ta Prohm クメール語)は、カンボジアにある、アンコール遺跡群と呼ばれる多くの寺院や宮殿などの遺跡群の内のひとつで、12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡。創建したのは、クメール人の王朝、アンコール朝の王ジャヤーヴァルマン7世。

この遺跡は大自然と接しているため熱帯の巨木の浸食が激しく、三重の回廊に覆われたタ・プロームの遺跡には、文字通り樹木が食い込んでいる。あまりの酷さにインド政府はタ・プロームの修復計画を発表した。しかし、現在ここで議論が沸き起こっている。熱帯の巨大な樹木は遺跡を破壊しているのか、それともいまや遺跡を支えているのかという議論である。一般に遺跡の修復というものは、崩れている石材を積みなおし、失われた部材は補充してかつての姿を取り戻すために、作業計画を立案する。しかし、タ・プロームから巨木を切り払い、崩れている石材を元に戻した場合、この遺跡の魅力はなくなってしまうのではないのだろうか。だがこのままほうっておけば、遺跡は跡形もなく崩れ去ってしまうかもしれない。 2006年10月現在、この遺跡の修復方針をめぐって、ユネスコを中心とした活発な議論が継続中である。

 
 














신고
Posted by Dharma.


티스토리 툴바