バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) はカンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、ヒンドゥー教の寺院遺跡。北緯13度59分、東経103度58分で、アンコール・ワットの北東部に位置する。バンテアイは砦、スレイは女で、「女の砦」を意味する。大部分が赤い砂岩により建造されている。規模こそ小さいが、精巧で深くほられた美しい彫刻が全面に施されている。こうしたことから観光客には大変な人気があり、「アンコール美術の至宝」などと賞賛されている。中でもデヴァターの彫像は「東洋のモナリザ」とも呼ばれている。

967年、ラージェンドラヴァルマン王が臨席する下で着工式が行われ、息子のジャヤーヴァルマン5世の代に完成する。建立は、近くの土地を領し王師を務めていたヤジュニャヴラーハが行った。アンコール朝の衰退に伴い忘れ去られていたが、1914年に再発見される。1923年にはフランス人のアンドレ・マルローがデヴァター像を盗み出して逮捕され、注目を集めた。マルローは後にこの体験を基に小説『王道』を記している。現在はカンボジアの安定に伴い、多くの観光客が訪れている。

사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지


Posted by Dharma.

バンテアイ・スレイ寺院寺院はラテライトと紅い砂岩で築かれており、東を正面としている。

外周壁の塔門をくぐり75mの参道を進むと、第一周壁とその塔門に着く。周壁はラテライトで築かれ南北94m東西109mあり濠を囲んでいる。塔門をくぐり土を盛った橋を渡ると、第二周壁とその塔門があり、正面に祠が見え始める。

塔門をくぐると次は左右にリンガが並んだ参道を進み、第三周壁の塔門に入ると、中には刻まれた碑文が見られる。それを抜けると中央祠堂の前室に至る。ここまでの塔門は、中央に近づく程に間口と高さを狭めており、遠近により狭い寺院を広く見せている。

前室の左右には経蔵があり、それぞれ東側の偽扉と西側の入口を持ち、三重の破風で飾られている。破風にはヒンドゥー教の神話が、精密かつ立体的に彫られており、南経蔵の破風では、下段に世界を揺らす悪魔と逃げ惑う動物が、上段に神とその妻が彫られている。


寺院中央の南北に三つ並んだ祠堂と前室は、丁字型の基段上に築かれており、基段上へ登るには、前室の三方と南北祠堂の正面に加え、中央祠堂の背面に階段が有る。祠堂は全面が彫刻で飾られており、中央の祠堂には門衛神の「ドヴァラパーラ」が、南北の祠堂には「東洋のモナリザ」と評されるデヴァターの像が柔らかな曲線で彫られ、美しい姿を見せている。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
Posted by Dharma.

사용자 삽입 이미지
カンボジア シエムニプあちこちには幼年時代の私が枠をあわせて座っていた。 空き家に単独で遊んだ子供はご飯の時に合わせて入る出て行ったお母さんが戻る姿を見て佗びしい涙を流したし,小川街には痩せ細るみすぼらしい姿に腹だけ‘パッと’飛び出してきた子供たちがばた足を打っていた。 刈りいれを終わらせた畑には牛らが暇そうに草を食べていたし六,七の妹らは一様に5,6才弟を背に負っていた。

本当に妙なのが人の心だ。 ひどく脱出したかった腹がへった山奥の村の人々と貧しい時期の記憶らが今は夢の中にも現れるように願うという話だ。 私がアンコールとチベットの人々に執着した理由が流麗な建築物や文明の跡でなく私の記憶中の片鱗になってしまった成長の破片らを集めるための過程であったのをそちらに行って悟ることができた。

実は今回の旅行が既存の私の旅行とは全く違う一種のパッケージだったためにアンコールの人々をたくさん会ってみられなかった。 パッケージということが情報習得と速度感あるように候補地を体現できるという長所はあるが深くて詳しく見るのは限界があるはずだ。 リュックサックを担って必ずまたこなければならない'という考えた。

アンコール・ワット遺跡がある2月のシエムニプは平均気温が30度以内で私たちの初夏のように暖かくてさわやかだった。 初日訪問した半分帯子供スリー(Banteay Srei)はクメール帝国のラジェンドゥラバルマン2才(944〜968)時彼の師匠のバラモン僧侶ヤジナバラハがシヴァ神に献呈した社員だ。

사용자 삽입 이미지

半分帯子供は‘女性の城砦’という意味だ。 恐らくピンク色砂岩と赤いラテライトゥソクを建築材料で使ったためだろう。 また社員全体が紅蓮のように派手で不調になった彫刻が精巧なうえに規模が他社員に比べてこぢんまりして,あたかも美しい女性の姿を持つようだ。

こちらは考古学者など間で‘クメール建築芸術の宝石’と呼ばれるのに繊細で深く刻んだにもかかわらず優雅で派手なラインがそのまま生きている。 それで学者らの間ではクメール人が半分帯子供をアンコール・ワットの縮小版として,あらかじめ練習して着工に入ったのではないかという主張もある。

特に注意深く見る所がアンコール・ワットでも発見される伸展両側の派手な場犀角なのに実際本を保管する所でなく文を分からない国民らのために絵でヒンドゥ神話を説明する。 場犀角は‘ラーマーヤナ’と‘マハーバーラタ’を刻んだ二冊の経典であるわけだ。 チベット仏教のマニチャ(これを一度回せば経典一冊を読むようだということ)や私たちの査察の外壁を飾る‘幀画’や‘不和’のような意味であろう。

사용자 삽입 이미지

中央性巣にはシヴァ神の男根を象徴するリンガ(Linga)が立っていてシヴァ神の夫人のパラマのふりの子宮を象徴する構造物もある。 これは恐らく生命の繁殖と創造を祈る意味をこめているようだ。 またアンコールのその他の塔らに比べてこぢんまりした大きさの性巣塔が色々な無理があるのに,基壇の上に赤いラテライトゥソクで4段の塔を積んであげた。 塔の東に文があって,残りは皆にせ物文だ。 3ヶ所の性巣中二つはシヴァ神を,一つは雨簡単に迷惑神のためであるところという。

ヒンズー教は二度とを崇めるのに代表的な3シーンがある。 破壊の新人シヴァ神と秩序の新人雨簡単に横になられた,そして創造の新人ブラフマー神だ。 ヒンズー教で善と悪が共存する。 シヴァ神は破壊のための破壊をするのではなく生命の新しい誕生と創造のための破壊を行うのだ。 はっきり調べれば世の中に絶対悪徒絶対先もないようだ。

사용자 삽입 이미지

それは仏教の輪廻(三四と)とアップ(カルマ)死傷(史上,思想)と似ている。 現在の人生は過去のカルマの結果で,誕生と死のサム紗羅と関連になるということだ。 終わりなしに反復されるサム紗羅とカルマのくびきで解脱することがヒンドゥ信仰の最終点だ。

キリスト教とイスラム教,ヒンズー教と仏教が一根というものは私たちが十分分かる事実だ。 しかしギリシャ神話とヒンドゥの神話が似るということを知っている人はそんなに多くないだろう。 半分帯子供スリーの主人のシヴァ神が瞑想から目覚めて,夫人のパラマのふりと愛に陥ることになった理由が愛の新人カマシンが撃った愛の矢を通じてであったという話はキューピットのそれと似ている。

人間として千年に一回ずつ自身の頭をブラフマー神に捧げて,永生不滅を得たというラバナがシヴァ神の権威に挑戦して,山の下に封印されたという大きな課題はゼウス信義権威に挑戦して,岩山に縛られたプロメテウスの話と似ている。 自分の身はもちろん太陽と月まで飲み込んだ食欲の所有者の刃物するのに(シヴァ神の三つ目部の)は自分の身まで食べてしまった飢餓と食欲の象徴エリ式トンと似る。

사용자 삽입 이미지

全知全能だというエホヴァも自らを‘嫉妬する神’としながら他の神を崇める場合3〜4代にかけて,罪を返すようにさせて従う者は過小評価まで恩恵を施すという背筋が寒くなった警告をする。 シニ完ぺきな絶対者の姿としてだけでなく人の歴史の喜怒哀楽を共にしているという信頼があるから神に恐れと同時に懇意さを感じるのでないかと思われる。

ヒンズー教の聖典のパガバドゥギタ(Bhagavadgita王様の歌)では解脱に達するところを三つで話す。 最初は輪廻から抜け出すところであり,2番目は直観的洞察の道で最後は献身と愛を入れた博愛の道だ. しかしこの頃のヒンドゥ信仰は修行を通じた解脱でも深い洞察の世界よりは神を崇めて頼って,現世の苦痛を忘れて次の生でより良い姿に生まれるのを最高とする。

사용자 삽입 이미지

人々は解脱や哲学的完成に達する高尚な道よりは重労働の難しい束縛と貧困のくびきから解放されることに執着するのは当然のことであるようだ。 今日の宗教は人間救援という本源的話題を逸脱して,物神と享受する者らのために服務している。 もしかしたら聖典は不平等と葛藤の出発点だ。 結局宗教が‘パラオプコ ウォナオムヌンこと’ならば信義教えと人間の風が何なのかを今一度再確認してみることだ。





Posted by Dharma.
확대
Posted by Dharma.
バンテアイ・スレイ は
バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) はカンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、ヒンドゥー教の寺院遺跡。北緯13度59分、東経103度58分で、アンコール・ワットの北東部に位置する。


環濠南東よりバンテアイは砦、スレイは女で、「女の砦」を意味する。大部分が赤い砂岩により建造されている。規模こそ小さいが、精巧で深くほられた美しい彫刻が全面に施されている。こうしたことから観光客には大変な人気があり、「アンコール美術の至宝」などと賞賛されている。中でもデヴァターの彫像は「東洋のモナリザ」とも呼ばれている。

967年、ラージェンドラヴァルマン王が臨席する下で着工式が行われ、息子のジャヤーヴァルマン5世の代に完成する。建立は、近くの土地を領し王師を務めていたヤジュニャヴラーハが行った。

アンコール朝の衰退に伴い忘れ去られていたが、1914年に再発見される。1923年にはフランス人のアンドレ・マルローがデヴァター像を盗み出して逮捕され、注目を集めた。マルローは後にこの体験を基に小説『王道』を記している。

現在はカンボジアの安定に伴い、多くの観光客が訪れている。

寺院はラテライトと紅い砂岩で築かれており、東を正面としている。

外周壁の塔門をくぐり75mの参道を進むと、第一周壁とその塔門に着く。周壁はラテライトで築かれ南北94m東西109mあり濠を囲んでいる。塔門をくぐり土を盛った橋を渡ると、第二周壁とその塔門があり、正面に祠が見え始める。

塔門をくぐると次は左右にリンガが並んだ参道を進み、第三周壁の塔門に入ると、中には刻まれた碑文が見られる。それを抜けると中央祠堂の前室に至る。ここまでの塔門は、中央に近づく程に間口と高さを狭めており、遠近により狭い寺院を広く見せている。

前室の左右には経蔵があり、それぞれ東側の偽扉と西側の入口を持ち、三重の破風で飾られている。破風にはヒンドゥー教の神話が、精密かつ立体的に彫られており、南経蔵の破風では、下段に世界を揺らす悪魔と逃げ惑う動物が、上段に神とその妻が彫られている。

寺院中央の南北に三つ並んだ祠堂と前室は、丁字型の基段上に築かれており、基段上へ登るには、前室の三方と南北祠堂の正面に加え、中央祠堂の背面に階段が有る。祠堂は全面が彫刻で飾られており、中央の祠堂には門衛神の「ドヴァラパーラ」が、南北の祠堂には「東洋のモナリザ」と評されるデヴァターの像が柔らかな曲線で彫られ、美しい姿を見せている。














 


Posted by Dharma.


티스토리 툴바