사용자 삽입 이미지


言葉では言えない美しさでいっぱいなアンコール遺跡. そのうちでも白眉はアンコール・ワットだ。 アンコール・ワットはアンコール遺跡を代表する最も大きい寺でクメール建築を代表する最高宝物だ。
사용자 삽입 이미지

アンコール・ワットはヒンズー教宇宙観に立った宇宙を形象化した姿をしている。 寺内五ヶ塔中で中央にある高い塔はヒンズー教で話す天上の山人メルサン峰を象徴する。 城壁は世の中を囲んだ山脈,垓字はこの世とあの世を行き来する海を象徴する。

アンコール・ワットに入るためには寺を囲んでいる幅200m垓字を渡らなければならない。 本来この垓字には数多くのワニらが生きたと伝えられるのに,今はただ静寂だけが流れるだけだ。

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
寺の中壁面全体には巨大な不調がパノラマのように精巧に刻んでいる。 クメール帝国歴史を記録しておいた大叙事詩で,自ずから感嘆の声を連発するようにする。 すべての壁画の不調らは即座に壁で飛び出してくるように生々しくて精巧だ。

中央塔に上がるためには70度傾斜の階段を手と足を皆利用して這い上がらなければならない。

사용자 삽입 이미지

以前には王と私製だけが上がっては下りたというのに,階段終わりにのぼればアンコール・ワット全景がすがすがしく目に映る。

フランス人探検家アンリ・ムーアが発見する前まで数百年をジャングルの中に放置されていたし,カンボジア内戦までより増したのでアンコール・ワット遺跡は大部分復元が不可能な状態という。

사용자 삽입 이미지

現在復旧のための努力を傾けているけれど,すでに遺跡70%以上が消失した状況なので完全な復元は大変だと。 現在残っているアンコール・ワットを見回していますと,繁盛したクメール帝国がどれくらい派手だったかもより一層気がかりだ。


신고
Posted by Dharma.


티스토리 툴바