사용자 삽입 이미지

キリングフィールドという恥辱の内戦を終わらせて数多くの遺跡地を土台に観光国家に浮上しているカンボジア.

首都プノンペンで北西側で約300km離れたシエムニプは人口7万人の小都市だが,7代不思議中一つのアンコール・ワット遺跡地があって,世界的にその名が知られている。

シエムニプには自然と人間の文明が完ぺきな調和を作り出すアンコール・ワット,水上家屋村があるトルレサプ湖など見どころが多くて,世界観光客らの足が絶えることなく続く。

アンコール遺跡地は1861年フランス動物学者アンリ・ムーアがカンボジアの密林を探険して偶然に巨大な城郭を発見しながら,世の中に知られ始めた。

シエムニプ地域内今まで発見された寺院だけ総100ヶ余り. 9世紀で13世紀までこの地域で興盛したクメール王国によられられたことで相変らず発掘作業に真っ最中だ。

だが世界7代不思議に指折り数えられるアンコール遺跡地に対する秘密は相変らずベールに包まれている。 30年ぶりにアンコルワッ寺院を作った点,精巧に彫られた巨大な浮彫などのためにアンコール・ワットはより一層魅力的に近づく。

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지


▲世界7代不思議中一つのアンコルワッ寺院

アンコルワッ寺院はクメール王国のスリヤバルマン2才が建設したことでアンコール遺跡中最も熊掌と派手だ。

中央塔を基準として東西に1,500m,南北で1,300mの広さにもなるこの石造大寺院は水の上に浮いている感じを与えるのに,広い人工水路が四方で囲まれているためだ。

建物内部に入れば壁面全体に彫られた派手な壁画が眼に触れる。 その当時の戦争,文化,歴史が大叙事詩のように広げられている不調はローマやエジプトの遺跡地とアンコール・ワットを区別作る最も重要な要素だ。

高さ65mの中央塔には両手と両足を皆使って,塔を這い上がる観光客等を見ることができる。 神々が生きている寺院てっぺんを上がろうとするなら祈る心で頭を下げて上がらなければならないから塔の階段を狭くて険しくさせたという。

사용자 삽입 이미지

▲バイヨンの微笑

27ヶの石上が立っているアンコール・トムをすぎて,30分余り歩いて入ればその有名なバイヨン寺院が出てくる。 バイヨン寺院は12世紀末から13世紀始めチァヤバルマン7才が作った仏教寺院で約50ヶの塔で成り立った複雑な構造になっている。

塔ごとに4面で観音部署の顔を刻んだのにチァヤバルマン2才と推定される中央塔の関税音菩薩像はある方向で見ても温和な部署の微笑を感じることができる。

総36ヶの塔に彫られた仏像らが奇妙な表情で観光客らを迎える。


사용자 삽입 이미지

▲映画の舞台でよく知られたタプロム

チァヤバルマン7才が彼の母親を迎えるために建設したタプロム寺院に入れば寺院を破壊している巨大な木根らに驚嘆することになる。

カンボジアを植民支配したフランスは自然がどのように人間の文明を破壊するのか知らせるためにタプロム寺院の木らを放置しておいたという。

寺院の壁と建物を大きなパムナムが蛇のように席をぐるぐる巻いており寺院全体にぞっとした雰囲気が漂う。 ‘地獄の黙示録’‘ ‘トゥムレイダー’等各種映画の撮影地で知られながら,より一層関心を引いている。

사용자 삽입 이미지

▲トルレサム湖

水上家屋で生活するカンボジア人を見られる所だ。 乾期の時はこちらが米農作業をすることができる平野に変わって雨季の時には湖となる。 湖としてクリスタルのようにきれいだったりあさぎを期待すれば失望が大きいようだ。

メコン川は黄土を積み出すから汚れている黄土色を浮かびながら,この水で入浴,洗濯,その上に大小便まで解決する。 湖の周辺で船を借りれば水上家村を近くで見物することができる。

ビリヤード場,学校,商店など生活するのに支障がないほど多様ないろいろな品物を取りそろえている。 ここで生まれた人々は陸地を踏む瞬間陸地乗物酔いをするほど揺れる水の上生活に慣れているという。


신고
Posted by Dharma.


티스토리 툴바