사용자 삽입 이미지



なんか、JR東海のようなタイトルになってしまったが、突然アンコールワットに行こうと思い立ったのが1月の中旬。なぜ行こうと思い立ったのかは、それは今年の4月から地区の役員をやって、休日返上で奉仕をしていた反動である。特に、暮れから1月末までは市議会選挙があって、それに振り回されてしまった。人間、追いつめられると何をするか判らない・・・ そうならないためには、ストレス解消をしなくては。それには旅行が一番。それも俗世間から一番離れた所というわけで、アンコールワットに行くことにした。

インターネットでアンコールワットの事を調べると、直行便は飛んでいない。たいていはバンコック経由でアンコールワットのあるシェムリアップの街に入るコースである。バンコックまで行って引き返すのは時間的にもお金的にも無駄である。何か良いツアーがないかと探していたらありました。カンボジア航空がチャーターをセントレア(中部国際空港)に乗り入れるのである。それを企画したのが近畿日本ツーリストe旅中部である。近ツーといえばJTBと肩を並べる大手旅行代理店。カンボジア航空という超マイナーな落ちそうな航空会社でも、保証はしっかりしているだろと勝手に思って予約を入れたのが2月4日である。

今回のツアーに申し込んだもう一つの理由はその料金の安さである。アンコールワットといえば、15万円前後するのが当たり前。でも、このツアーは4泊5日、全ての食事が付いて、なおかつセントレアの出国税とアンコールワットの入場料(40US$)が付いていて12万5千円である。ただ、カンボジアはビザが必要。別途9千円かかるが、少し高いけど仕方ない。あと1人部屋料金が2万円かかるが、これも仕方ない(笑)

トントン拍子に予約を入れて、一週間前からはネットでカンボジアの天気予報を見て、日頃の行いが良いのか、毎日晴れ時々曇りの天気。暑いところに行くから、服も簡単で良い。しかし、カメラ(キッスデジタル)のレンズ、何を持っていくかで悩む。標準ズームは持っていくとして、あとは何を持っていこうか最後まで悩んでしまった。結局、フィッシュアイと100ミリマクロを持っていくことにした。このチョイスは良かったと思っている。このあと出てくる写真を見て、エェーって言う人もいるかもしれないけど・・・(^^;

というわけで、順次旅行記をアップしていきます。文章的に面白くないかもしれないので、そんな人は写真中心に見てね(笑)



プロローグ セントレアへの道      
1日目 3月13日 シェムリアップ飛行場 初日の夕食アンコールビレッジ    
2日目 3月14日 2日目の朝 パンテアイ・スレイ遺跡 2日目お昼 チャオプラヤ アンコールワット外周
  アンコールワット内部 プノン・パケンからの夕日    
3日目 3月15日 アンコールワットの朝日 トンレサップ湖クールズ オールドマーケット アンコール遺跡観光
4日目 3月16日 アンコールトム ペンメリア遺跡 ポパンアンコールレストラン   
エピローグ 装備品や注意点



そうだアンコールワットに行こう

http://www.makinouen.co.jp/angkorwat/

お茶の牧農園 新茶 ダイビング情報ホームページ べにふうき







신고
Posted by Dharma.

タ・プロームは、カンボジアにある、アンコール遺跡群と呼ばれる多くの寺院や宮殿などの遺跡群の内のひとつで、12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡。創建したのは、クメール人の王朝、アンコール朝の王ジャヤーヴァルマン7世。
 この遺跡は大自然と接しているため熱帯の巨木の浸食が激しく、三重の回廊に覆われたタ・プロームの遺跡には、文字通り樹木が食い込んでいる。あまりの酷さにインド政府はタ・プロームの修復計画を発表した。しかし、現在ここで議論が沸き起こっている。熱帯の巨大な樹木は遺跡を破壊しているのか、それともいまや遺跡を支えているのかという議論である。一般に遺跡の修復というものは、崩れている石材を積みなおし、失われた部材は補充してかつての姿を取り戻すために、作業計画を立案する。しかし、タ・プロームから巨木を切り払い、崩れている石材を元に戻した場合、この遺跡の魅力はなくなってしまうのではないのだろうか。だがこのままほうっておけば、遺跡は跡形もなく崩れ去ってしまうかもしれない。 2006年10月現在、この遺跡の修復方針をめぐって、ユネスコを中心とした活発な議論が継続中である。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


신고
Posted by Dharma.
バイヨン (Bayon) は、カンボジアのアンコール遺跡を形成するヒンドゥー・仏教混交の寺院跡。アンコール・トムの中央付近にある。バイヨンの呼び方で広く広まっているが、クメール語の発音ではバヨンの方が近い。バは「美しい」という意味で、ヨンは「塔」の意味を持つ。
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


신고
Posted by Dharma.

バイヨンの回廊
第一層には東西南北全方向に門がある。中でも東門の近くには両側に池のあるテラスがある。第一回廊にもレリーフが残る。アンコール・ワットにも存在する乳海攪拌のレリーフなどであるが、保存状態があまり良くない。第二回廊(外回廊)は約160m×120m。正面は、東側を向いていている。現在残るレリーフは、他のアンコール遺跡とは大きく異なった特徴を持つ。第二回廊にはチャンパとの戦争の様子やバイヨン建設当時の市場の様子や狩の様子などがレリーフに彫り込まれており、庶民の暮らしを窺い知ることのできる貴重な資料にもなっている。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지

신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


확대

신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지

まだ闇が消えない早朝. 100人を越える人々が小さい池ある片隅に集まって,一ケ所を穴があけ凝視している。 人々の表情の中ではときめきといらだちが同時ににじみ出る。

人々隙間を広げて入って,展望良いところに席を占めた。 世界7代不思議中の一つで指折り数えられるカンボジアの‘アンコール・ワット’. 太陽の下まばゆいばかりに光る寺の姿を想像しながら,静かに目をとじる。

どれくらい待ったのだろうか。 退屈なだけした闇のかなた向こう側で赤い光が漂い始めた。 やがて闇のベールが一つずつ晴れながら,千年の神秘を大事に保管した古代のなぞが黒いシルエットを表わした。 天上の世界を象徴する5ヶの塔がまぶしい日差しの中に姿を現わして,あちこちで‘わー!’という感嘆の声が聞こえてくる。 ‘かちゃんかちゃん’,目の前に繰り広げられる驚異的な風景を一つでもさらに入れて行きたい人々の手つきが忙しい。

사용자 삽입 이미지

寺の前小さい池水面上できれいな光空ときれいな姿のアンコール・ワットが反映されて,また他の世の中が作られる。 赤紫色レンゲの間に映るアンコール・ワットの姿は美しさを越えて神秘なほどだ。

アンコール・ワットは1000年前派手な文化の花を咲かせたクメール王国の偉大な遺産だ。 12世紀頃インドシナ半島全域を治める程強大な力を自慢したが,不可思議な理由で衰退し始めて15世紀に達して,突然に跡をくらました。

人々は一言の記録もなしで巨大な都市を捨てて一瞬に密林の中に消えてしまったクメール王国を置いて解けないなぞと話す。
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

アンコール・ワットに行けば3度驚くことになるという話がある。 一番最初に雄壮な規模に驚いて,左右対称の完ぺきな均衡美に驚きながら,最後に繊細さに驚くことになるということ。 濃霧が夢幻的に広まり始めた人工貯水池を過ぎて,伸展入口にのぼって,その言葉が決して誇張でないことを知ることになる。

幅200mの垓字に囲まれた総周り5.5kmの壮大な社員はパリ ノートルダム社員の3倍に該当する大きさという。 エジプトのクフ王ピラミッドに使われた石と同じ量の石がアンコール・ワット寺院を作るのに使われたというから,その雄壮さがねらいさえならない。 一寸誤差もない正確な対称構造で神々の住みかのメルサンを形象化した寺は均衡美をろ過なしに見せる。
사용자 삽입 이미지

何よりも果たしてこれが石を整えて作ったことかという疑問を持つ程繊細で情交してみる人々の感心をかもし出す。 石の上に彫られた派手な服と装身具で美しく飾った美しい天上の天女らの微笑はどれ一つ全く同じなのがなくて,彼らの嬌態あふれる姿は愛らしいほどだ。 本当に1000年前クメール王国には天上の天女が生きていないかという考えになる。


신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지

キリングフィールドという恥辱の内戦を終わらせて数多くの遺跡地を土台に観光国家に浮上しているカンボジア.

首都プノンペンで北西側で約300km離れたシエムニプは人口7万人の小都市だが,7代不思議中一つのアンコール・ワット遺跡地があって,世界的にその名が知られている。

シエムニプには自然と人間の文明が完ぺきな調和を作り出すアンコール・ワット,水上家屋村があるトルレサプ湖など見どころが多くて,世界観光客らの足が絶えることなく続く。

アンコール遺跡地は1861年フランス動物学者アンリ・ムーアがカンボジアの密林を探険して偶然に巨大な城郭を発見しながら,世の中に知られ始めた。

シエムニプ地域内今まで発見された寺院だけ総100ヶ余り. 9世紀で13世紀までこの地域で興盛したクメール王国によられられたことで相変らず発掘作業に真っ最中だ。

だが世界7代不思議に指折り数えられるアンコール遺跡地に対する秘密は相変らずベールに包まれている。 30年ぶりにアンコルワッ寺院を作った点,精巧に彫られた巨大な浮彫などのためにアンコール・ワットはより一層魅力的に近づく。

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지


▲世界7代不思議中一つのアンコルワッ寺院

アンコルワッ寺院はクメール王国のスリヤバルマン2才が建設したことでアンコール遺跡中最も熊掌と派手だ。

中央塔を基準として東西に1,500m,南北で1,300mの広さにもなるこの石造大寺院は水の上に浮いている感じを与えるのに,広い人工水路が四方で囲まれているためだ。

建物内部に入れば壁面全体に彫られた派手な壁画が眼に触れる。 その当時の戦争,文化,歴史が大叙事詩のように広げられている不調はローマやエジプトの遺跡地とアンコール・ワットを区別作る最も重要な要素だ。

高さ65mの中央塔には両手と両足を皆使って,塔を這い上がる観光客等を見ることができる。 神々が生きている寺院てっぺんを上がろうとするなら祈る心で頭を下げて上がらなければならないから塔の階段を狭くて険しくさせたという。

사용자 삽입 이미지

▲バイヨンの微笑

27ヶの石上が立っているアンコール・トムをすぎて,30分余り歩いて入ればその有名なバイヨン寺院が出てくる。 バイヨン寺院は12世紀末から13世紀始めチァヤバルマン7才が作った仏教寺院で約50ヶの塔で成り立った複雑な構造になっている。

塔ごとに4面で観音部署の顔を刻んだのにチァヤバルマン2才と推定される中央塔の関税音菩薩像はある方向で見ても温和な部署の微笑を感じることができる。

総36ヶの塔に彫られた仏像らが奇妙な表情で観光客らを迎える。


사용자 삽입 이미지

▲映画の舞台でよく知られたタプロム

チァヤバルマン7才が彼の母親を迎えるために建設したタプロム寺院に入れば寺院を破壊している巨大な木根らに驚嘆することになる。

カンボジアを植民支配したフランスは自然がどのように人間の文明を破壊するのか知らせるためにタプロム寺院の木らを放置しておいたという。

寺院の壁と建物を大きなパムナムが蛇のように席をぐるぐる巻いており寺院全体にぞっとした雰囲気が漂う。 ‘地獄の黙示録’‘ ‘トゥムレイダー’等各種映画の撮影地で知られながら,より一層関心を引いている。

사용자 삽입 이미지

▲トルレサム湖

水上家屋で生活するカンボジア人を見られる所だ。 乾期の時はこちらが米農作業をすることができる平野に変わって雨季の時には湖となる。 湖としてクリスタルのようにきれいだったりあさぎを期待すれば失望が大きいようだ。

メコン川は黄土を積み出すから汚れている黄土色を浮かびながら,この水で入浴,洗濯,その上に大小便まで解決する。 湖の周辺で船を借りれば水上家村を近くで見物することができる。

ビリヤード場,学校,商店など生活するのに支障がないほど多様ないろいろな品物を取りそろえている。 ここで生まれた人々は陸地を踏む瞬間陸地乗物酔いをするほど揺れる水の上生活に慣れているという。


신고
Posted by Dharma.


사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지


사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


신고
Posted by Dharma.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

신고
Posted by Dharma.


티스토리 툴바