사용자 삽입 이미지

こちらはサメット。
今年 28歳のカンボジア青年。
職業はカンボジア現地ガイド。
ガイド経歴は 2年目。
高校と専門学校を卒業後、
アンコール・ワットの外国人英語ガイド生活を 1年位してから、
一年頃前から今 私が働いている旅行社で現地ガイドとして働いている。
 
 
 
"良ければ家でビール一杯飲みますか?"
午後、事務室から出る瞬間、 サメットが僕に声を掛けた一言、
まちがいなく、彼はツアー中の僕との会話
'君はどこで住んでるかい? 一度行ってみたいな。。。’と言った
あいさつの言葉にを心に盛っていたようだ。  
しばらくためらったが、別に急な約束もなかったし
常にカンボジア人々の生活ぶりが知りたかった僕は
"ここからどれ位かかる?" と問い返した。
"え....バイクで 20分ぐらい。"
"あ....そう?、 今君の家には誰かいる?"
"今のこの時間なら多分母と姉がいるでしょう。"
"ところで.... 急な訪問で驚かないかな?"
"大丈夫、大丈夫....きっと大歓迎です。忙しくなければ気軽くビール一杯どうぞ..."
"そう....なら行って見よう。ありがとう!"

僕のカンボジア田舍探訪はこのように偶然に始まった。
 

サメットの家はシエムリブの市内からあまり遠くなかった。
ツアー中よく経り立つ、トンレサブ湖の行く道からおよそ 10分ほどかかる距離。
しかし、サメットのバイクが抜け道を走り始まると急に林の中の背景の古い田舍村風景が現われた.
あっという間に周辺の景色は変わってまるでタイムマシーンに乗って瞬間移動したようだった。
奥地探訪の道に出て未知の世界に向けるような雰囲気そのものだった。







スローライと呼ばれるシエムリブ市内あたりにある農村。
僕にはすごく慣れない景色だったが
この村は100年前から250軒位の家たちが集まって住んでいる
カンボジアの典型的な田舍村の景色そのままだった。
今や世界は21世紀に立ち入ったのもしばらくが経ったけれども
この村の風景は千年前のアンコール時代の風景とあまり違うのがなさそうに見えだ。


사용자 삽입 이미지

統計によると、
カンボジア人の 80%は田舍で暮して
田舍の人の 80%は 次の三つなしで生活するという。
電気、水道、トイレ。
すなわち、カンボジア人 の10人の内 7人はいまだに電気もない所で暮すという話だが...
それはあくまでも田舍の事で
カンボジアで二番目の大都市
シエムリブにこんな村があるとは...
でも、それは僕が受けた衝撃の手始めだった。


こちらが僕の友達サメットが住む家。
家だと呼ぶにはすまない小さくて見窄らしい穴蔵だった.
元々は椰子皮で作られたカンボジア典型的な穴蔵だったが
雨季に屋根で雨がひどく漏れるから最近ブリキ屋根で改造したと言う。
通常の田舍村と同じトイレも水道もない。
でも、電気がついて TVも見られるようになったと言う.
 
サメットはこちらで生まれ
28年の間ずっとこちらで生活をしていたと言う。
ワンルーム構造になったこの小さな穴蔵で
お母さんと、 5人兄弟、そして妹さんのご主人まで
総 7人の家族が一緒に暮らしていると言う。

都会的イメージに
教育もよく受け英語もよく話すことができる
カンボジア人々としては珍しいくカメラ付き携帯電話を使っているし
しかも、僕にもない素敵なバイクを持っているサメッであるけれとも。
毎日こんな穴蔵で生活しているとは想像もできなかった。

庭先には椰子皮で作った束たちが乾かされていたが
これは紐を編んで座布団やこざむしろを作るのに使われるのでお母さんの副収入の一つだと言う。









家周りには他の家たちのように
椰子,バナナ木,マンゴー木たちが屏風のように振り回されていた。
マンゴーは一年に二度開かれ今がそのシーズンだので
青いマンゴーたち見事にふさふさと木に付いていた。
 


家後では自作する田畑が蟹広げていた。
稲作は最近雨が降らなくて雨季の 5月に一度だけ農業をして
畑にはとうもろこしとピーナッツ,
野菜と砂糖黍みたいな農作物たちを植えると言う。



カンボジアは土壌が良くて、雨もたくさん降ってすべての農作物がよく育つが
同じ理由で農作物の価格がむちゃくちゃで大部分の農家は自給自足用だけで農業をすると言う。
 
神さまがプレゼントした祝福の国カンボジア.
言わば、飢え死にする心配も凍って死ぬ心配もなく
余裕と平和で暮すことができる天恵の地カンボジア.
だからこそ、現代文明が落ち着くのに長年の時間がかかったのか。
 
 
生活になくてはいけないこの水かめ。
雨水を受けて保存する用途で使われて
この水で飲み水はもちろんシャワー、洗濯、後片付けのような生活用水で使っている。

 
雨が降らないシーズンには地下水を使う。
これはサメットが直接考案して作った受動ポンプ。
先ず、パイプにある位水を入れて
棒でおよそ 20回位ポンプをすれば凉しい地下水がどくどく~

 
後から眺めたサメットの家.
 
 
そしてサメットの甥が暮している隣家。
 
 
こちらはサメットのお母さん。
58歳...カンボジア人の平均寿命と同じ年。
サメットが 10歳頃、内戦でご主人を死に別れて一人きりで五人のお子さんたち育てた方。
今は村のお寺に入籍して髪の毛を刈って祈る心で一日一日を送っている方。
 
 
こちらは今暮しを引き受けてしているサメットの妹さん。
 
 
サメットは 4男 1女の中で長男。
次男は今シクーロの運転手に働いている。
長女は家事の面倒を見ている
20歳の四番目の弟は(サメッの左側) お母さんと農業を手伝っている
末っ子は今学校で勉強中。
そしてサメッのいとこ弟(妹)たち

 
部屋内部の姿は単純そのもの。
蚊帳付いたベッド一つ、サメットが主に寝るという網ベッド一つ、
最近持ちこんだテレビとオーディオセットが家具の全部。
そして最近開場された後側の小さな部屋が妹さん夫婦の寝屋。
 


 
穴蔵横のキッチン。
小さな炭火に飯を炊いて
キッチンの下にはこの間生まれたばかりの子犬たちの遊び場。
その外、猫一匹、ニワトリが七匹、アヒル五つ匹が一緒に暮している。


 

ブリキ屋根だから部屋の中は暑いと
サメッとお母さんが平常床を凉しい陰に移している中
平常床の上に手ずくりのこざむしろを広げ
部屋で持って来た枕をクッション代用で...


 
カムボイアは日本より電気代が 24倍高いので
だから普通ビールの中に氷を入れて凉して飲むのが一般的。
カンボジアで一番有名なビールはアンコールビール.
しかし僕が好きなビールはちょっと苦いがぴりっとする "アングチォ-" ビール.
 
ビール一杯だけ飲もうと言ったけれども常にボックスことを準備しておいたサメッ.
平均日給1ドルであるこの国でビール一ボックスは月給に当たるはずだが...
うかうか付いて来るために手ぶらで訪問した僕としては少し気が重かった。  
"なんだ、 これ全部飲むつもり?"
"心配いらん、すく友達が来るから、多分これも足りないかも。"
".............?"
 
 
サメットが言ったとおり一人二人集まって来る隣り友達。
皆、畑で働いた途中来る道なのか
握手のため出す手に土がたくさんついていた。
 
52歳チェンリという名前のこの方は 8人のお子さんがいるのに
奥さんがずいぶん前に死んで一人で多い子供達の面倒を見にくくてたまらないから
善良なおばさん知ってたら紹介させてくれと締める。
僕が胸に銘じられた青い入れ墨は何の意味かと問おう
クメールルージュ兵士を象徴するマークだと言う。
クメールルージュの話が出ると私は慌てて話題を変えた。
カンボジアではクメールルージュやポルポト等の話はなるべく避けた方がいい。  

 
彼が料理しておつまみに持って来たニワトリ内臓痛め料理。
僕が遅いお昼のため(事実はにおいのため) ニワトリ内臓料理を全然食べないから
彼はこっそりと席を外しもう一つのおつまみを持ち出した。
 
 
鳥肉野菜いため。
でも、僕は彼の足に付いて飜っている血がついているニワトリの毛を見てしまった。
僕のせいで犠牲された可哀相な生命。。。
 
ビールを勧めても遠慮して
ずっと横でほほ笑みだけのお母さんが
急にブリキで作った水かめを担いで慌ててどこかに去りたつ。
どこに行くかと問っても黙黙とほほ笑みだけしたお母さん。
 
時には人の行動が言葉よりもっと多いことを知らせてくれる。その心までも...
お母さんは小川水を汲んで道の上に振り撤くのを繰り返す。
バイクが通り過ぎる度に道路でぼやけているほこりが飛んで入ったからだった。
ところが、道路の上に水振り撤くその姿を眺める僕の心が凉しくなることはなぜだろう?

 
私たちは結局アングチォビール一ボックスを軽く空カンにした。
ずっと勧めるお酒を拒絶しきれなかった僕はたくさん酔った。
酔ったせいだろう? とにかく、僕はまるで他の世の中にいる気持ちだった。
氷を入れてちびちびと飲んだビールに酔ったか
それとも、静かで平和だったその雰囲気に酔ったか
それでもないなら、友達の純粋な心に酔ったかよく分からないが
とにかく、僕はその日とても気持ち良く酔ってしまった。








신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
 

 神々の都市カンボジアシエムリアプにはアンコールワット劣らずとても有名な所がある。アジアで最大大きさを誇るトンレサップ(Tonele Sap)湖だ。一名 ‘陸地の海’と呼ばれるこの巨大な湖はカンボジア人には生命水のような所だ。シエムリアプ市内中心で南に約15㎞距離にあり、トンレサップ船場まではバスで30分位なら到着することができる。


トンレサップの大きさは長さ160㎞、幅36㎞や、雨季と乾季によって湖の姿が完全に変わる。乾季の追いこみである5月頃には湖面積が2,500㎢で減ってから雨季になればおおよそ2倍以上増える。雨季の頂点に至れば湖の大きさが国土の20%を占めると言ったら驚かざるを得ない。


850余種の魚がいて語族資源の豊かなトンレサップはなによりも水上家屋があってもっと有名な湖だ。他の国と違いこちら水上家屋たちの特徴は水の上に浮かんでいる船自体が家という点だ。綱で船を縛って据え付けたが水勢によっては家たちがどんどん漂ったりする。眺めるだけで不思議で驚異的できわまりない。


乾季である近頃トンレサップに向ける道はほこりを飛ばしてデコボコした未鋪装道路を通らなければならない。もとの通りに両方には木柱で差しておいたしまりがない家たちが長く竝んでいる。雨季になれば水に浸って水上村に変わる所だと言った。素足の子供たちから ‘頭を気を付けてください’という案内を受けてトンレサップに向ける船に上がった。たとえ古く見えたが船場には小型船がぎっしりした。ちょうど船の汽笛を鳴らして大型船一尺が窮屈な水路に付いて船場に入って来ていた。カンボジアの首都プノンペンを出発してトンレサップの水を汲むさかのぼってシエムリアプに到着するものと言った。


湖に向ける水路では小船と漁船、水上村で住む人々の交通である渡し船たちで慌ただしかった。水路ではもちろん湖の水も考えとは違いいちめん黄土色の水だ。国土の大部分が黄土だからだと言った。おかげさまで土地が肥えて農作物作況が良いと言ったら貧しいカンボジア人々にはそれさえも幸いという気がした。


黄土色の水路に付いて開かれる周辺の風景が尋常ではなく見えた。水の上に浮かんでいる小学校と運動場、教会、アメリカの救護団体の事務室などがまず目に入って来た。首だけ突き出したまま水中で魚を捕る人々を後にして小船が遂に海のような湖に至ると開けた全景に人々は嘆声を上げた。


水平線が見える遠くに村が見えた。ふっと見るには陸地のように見えた。しかし小船が身近に近付くほどその所は陸地ではなく広闊な湖の真ん中だった。湖に浮かんでいる村だ。水の上に浮かんでいる町が隣りの町のように見えた。人と家畜と花が似合った水上家屋は生の熱気を濃く漂っていた。


マーケット、金物屋、警察署、美容室、雑貨店などあるべきなものなどはすべてある。夜には電気もついてテレビを見ることもできる。電気は自動車バッテリーを充電して使うと言った。


豚小屋の中の豚も外地から来たお客さんたちを嬉しく迎えている。町会館と見える所では町の住民たちが集まって宴をしていた。多分良いことがあったようだ。


水上家屋住民たちの80%はベトナムから来た難民たちだと言った。残りは極貧階層のカンボジア人たちだ。陸地で家を建てる事ができない都合で地価の心配ない湖に家を建てて暮すのだ。家ごとに住所はないが船ごとに固有番号が書かれている。この番号を見て遠くから友達や親戚らが尋ねて来ると言う。


湖ではさまざまな人々にあえる。魚を捕る人々はもちろん小船に食料品と果物、飲み物などを積んで売るために通う移動式露天商もいる。ママは櫓を漕いで幼い娘は蛇ショーをして息子はバナナを売っている切ない姿も目撃することができた。異邦人にはこのすべての風景が不思議に見えたりするが悽絶な生存姿に胸が締めて来ることを感じる。


こちら人々は主に魚を捕りながら生活している。トンレサップは ‘水半分肉半分’と言葉するほど魚が多い。特別に栄養補充が難しい全体カンボジア人にここでつかまった魚がタンパク質供給の70%を担当しているという説明を聞いてどうしてトンレサップがカンボジア人々になくてはならない一番大事な所なのかを分かるようになった。


カンボジア国民が感じる幸せ指数は世界3位と言う。実際に彼らを近くで会ってみれば常に先に顔をほころばしたように見える。一気に純粋な人々というのを感じることができる。生が大変で苦しくても明るいほほ笑みをすることができる余裕を持った人々。彼らを眺めれば私たちの日常的な姿がとてもぜいたくなではないか反省するようになる。


사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지



なんか、JR東海のようなタイトルになってしまったが、突然アンコールワットに行こうと思い立ったのが1月の中旬。なぜ行こうと思い立ったのかは、それは今年の4月から地区の役員をやって、休日返上で奉仕をしていた反動である。特に、暮れから1月末までは市議会選挙があって、それに振り回されてしまった。人間、追いつめられると何をするか判らない・・・ そうならないためには、ストレス解消をしなくては。それには旅行が一番。それも俗世間から一番離れた所というわけで、アンコールワットに行くことにした。

インターネットでアンコールワットの事を調べると、直行便は飛んでいない。たいていはバンコック経由でアンコールワットのあるシェムリアップの街に入るコースである。バンコックまで行って引き返すのは時間的にもお金的にも無駄である。何か良いツアーがないかと探していたらありました。カンボジア航空がチャーターをセントレア(中部国際空港)に乗り入れるのである。それを企画したのが近畿日本ツーリストe旅中部である。近ツーといえばJTBと肩を並べる大手旅行代理店。カンボジア航空という超マイナーな落ちそうな航空会社でも、保証はしっかりしているだろと勝手に思って予約を入れたのが2月4日である。

今回のツアーに申し込んだもう一つの理由はその料金の安さである。アンコールワットといえば、15万円前後するのが当たり前。でも、このツアーは4泊5日、全ての食事が付いて、なおかつセントレアの出国税とアンコールワットの入場料(40US$)が付いていて12万5千円である。ただ、カンボジアはビザが必要。別途9千円かかるが、少し高いけど仕方ない。あと1人部屋料金が2万円かかるが、これも仕方ない(笑)

トントン拍子に予約を入れて、一週間前からはネットでカンボジアの天気予報を見て、日頃の行いが良いのか、毎日晴れ時々曇りの天気。暑いところに行くから、服も簡単で良い。しかし、カメラ(キッスデジタル)のレンズ、何を持っていくかで悩む。標準ズームは持っていくとして、あとは何を持っていこうか最後まで悩んでしまった。結局、フィッシュアイと100ミリマクロを持っていくことにした。このチョイスは良かったと思っている。このあと出てくる写真を見て、エェーって言う人もいるかもしれないけど・・・(^^;

というわけで、順次旅行記をアップしていきます。文章的に面白くないかもしれないので、そんな人は写真中心に見てね(笑)



プロローグ セントレアへの道      
1日目 3月13日 シェムリアップ飛行場 初日の夕食アンコールビレッジ    
2日目 3月14日 2日目の朝 パンテアイ・スレイ遺跡 2日目お昼 チャオプラヤ アンコールワット外周
  アンコールワット内部 プノン・パケンからの夕日    
3日目 3月15日 アンコールワットの朝日 トンレサップ湖クールズ オールドマーケット アンコール遺跡観光
4日目 3月16日 アンコールトム ペンメリア遺跡 ポパンアンコールレストラン   
エピローグ 装備品や注意点



そうだアンコールワットに行こう

http://www.makinouen.co.jp/angkorwat/

お茶の牧農園 新茶 ダイビング情報ホームページ べにふうき







신고
Posted by Dharma.
확대

신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


확대

신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지

キリングフィールドという恥辱の内戦を終わらせて数多くの遺跡地を土台に観光国家に浮上しているカンボジア.

首都プノンペンで北西側で約300km離れたシエムニプは人口7万人の小都市だが,7代不思議中一つのアンコール・ワット遺跡地があって,世界的にその名が知られている。

シエムニプには自然と人間の文明が完ぺきな調和を作り出すアンコール・ワット,水上家屋村があるトルレサプ湖など見どころが多くて,世界観光客らの足が絶えることなく続く。

アンコール遺跡地は1861年フランス動物学者アンリ・ムーアがカンボジアの密林を探険して偶然に巨大な城郭を発見しながら,世の中に知られ始めた。

シエムニプ地域内今まで発見された寺院だけ総100ヶ余り. 9世紀で13世紀までこの地域で興盛したクメール王国によられられたことで相変らず発掘作業に真っ最中だ。

だが世界7代不思議に指折り数えられるアンコール遺跡地に対する秘密は相変らずベールに包まれている。 30年ぶりにアンコルワッ寺院を作った点,精巧に彫られた巨大な浮彫などのためにアンコール・ワットはより一層魅力的に近づく。

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지


▲世界7代不思議中一つのアンコルワッ寺院

アンコルワッ寺院はクメール王国のスリヤバルマン2才が建設したことでアンコール遺跡中最も熊掌と派手だ。

中央塔を基準として東西に1,500m,南北で1,300mの広さにもなるこの石造大寺院は水の上に浮いている感じを与えるのに,広い人工水路が四方で囲まれているためだ。

建物内部に入れば壁面全体に彫られた派手な壁画が眼に触れる。 その当時の戦争,文化,歴史が大叙事詩のように広げられている不調はローマやエジプトの遺跡地とアンコール・ワットを区別作る最も重要な要素だ。

高さ65mの中央塔には両手と両足を皆使って,塔を這い上がる観光客等を見ることができる。 神々が生きている寺院てっぺんを上がろうとするなら祈る心で頭を下げて上がらなければならないから塔の階段を狭くて険しくさせたという。

사용자 삽입 이미지

▲バイヨンの微笑

27ヶの石上が立っているアンコール・トムをすぎて,30分余り歩いて入ればその有名なバイヨン寺院が出てくる。 バイヨン寺院は12世紀末から13世紀始めチァヤバルマン7才が作った仏教寺院で約50ヶの塔で成り立った複雑な構造になっている。

塔ごとに4面で観音部署の顔を刻んだのにチァヤバルマン2才と推定される中央塔の関税音菩薩像はある方向で見ても温和な部署の微笑を感じることができる。

総36ヶの塔に彫られた仏像らが奇妙な表情で観光客らを迎える。


사용자 삽입 이미지

▲映画の舞台でよく知られたタプロム

チァヤバルマン7才が彼の母親を迎えるために建設したタプロム寺院に入れば寺院を破壊している巨大な木根らに驚嘆することになる。

カンボジアを植民支配したフランスは自然がどのように人間の文明を破壊するのか知らせるためにタプロム寺院の木らを放置しておいたという。

寺院の壁と建物を大きなパムナムが蛇のように席をぐるぐる巻いており寺院全体にぞっとした雰囲気が漂う。 ‘地獄の黙示録’‘ ‘トゥムレイダー’等各種映画の撮影地で知られながら,より一層関心を引いている。

사용자 삽입 이미지

▲トルレサム湖

水上家屋で生活するカンボジア人を見られる所だ。 乾期の時はこちらが米農作業をすることができる平野に変わって雨季の時には湖となる。 湖としてクリスタルのようにきれいだったりあさぎを期待すれば失望が大きいようだ。

メコン川は黄土を積み出すから汚れている黄土色を浮かびながら,この水で入浴,洗濯,その上に大小便まで解決する。 湖の周辺で船を借りれば水上家村を近くで見物することができる。

ビリヤード場,学校,商店など生活するのに支障がないほど多様ないろいろな品物を取りそろえている。 ここで生まれた人々は陸地を踏む瞬間陸地乗物酔いをするほど揺れる水の上生活に慣れているという。


신고
Posted by Dharma.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

신고
Posted by Dharma.
 

 











신고
Posted by Dharma.


티스토리 툴바