사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
 

 神々の都市カンボジアシエムリアプにはアンコールワット劣らずとても有名な所がある。アジアで最大大きさを誇るトンレサップ(Tonele Sap)湖だ。一名 ‘陸地の海’と呼ばれるこの巨大な湖はカンボジア人には生命水のような所だ。シエムリアプ市内中心で南に約15㎞距離にあり、トンレサップ船場まではバスで30分位なら到着することができる。


トンレサップの大きさは長さ160㎞、幅36㎞や、雨季と乾季によって湖の姿が完全に変わる。乾季の追いこみである5月頃には湖面積が2,500㎢で減ってから雨季になればおおよそ2倍以上増える。雨季の頂点に至れば湖の大きさが国土の20%を占めると言ったら驚かざるを得ない。


850余種の魚がいて語族資源の豊かなトンレサップはなによりも水上家屋があってもっと有名な湖だ。他の国と違いこちら水上家屋たちの特徴は水の上に浮かんでいる船自体が家という点だ。綱で船を縛って据え付けたが水勢によっては家たちがどんどん漂ったりする。眺めるだけで不思議で驚異的できわまりない。


乾季である近頃トンレサップに向ける道はほこりを飛ばしてデコボコした未鋪装道路を通らなければならない。もとの通りに両方には木柱で差しておいたしまりがない家たちが長く竝んでいる。雨季になれば水に浸って水上村に変わる所だと言った。素足の子供たちから ‘頭を気を付けてください’という案内を受けてトンレサップに向ける船に上がった。たとえ古く見えたが船場には小型船がぎっしりした。ちょうど船の汽笛を鳴らして大型船一尺が窮屈な水路に付いて船場に入って来ていた。カンボジアの首都プノンペンを出発してトンレサップの水を汲むさかのぼってシエムリアプに到着するものと言った。


湖に向ける水路では小船と漁船、水上村で住む人々の交通である渡し船たちで慌ただしかった。水路ではもちろん湖の水も考えとは違いいちめん黄土色の水だ。国土の大部分が黄土だからだと言った。おかげさまで土地が肥えて農作物作況が良いと言ったら貧しいカンボジア人々にはそれさえも幸いという気がした。


黄土色の水路に付いて開かれる周辺の風景が尋常ではなく見えた。水の上に浮かんでいる小学校と運動場、教会、アメリカの救護団体の事務室などがまず目に入って来た。首だけ突き出したまま水中で魚を捕る人々を後にして小船が遂に海のような湖に至ると開けた全景に人々は嘆声を上げた。


水平線が見える遠くに村が見えた。ふっと見るには陸地のように見えた。しかし小船が身近に近付くほどその所は陸地ではなく広闊な湖の真ん中だった。湖に浮かんでいる村だ。水の上に浮かんでいる町が隣りの町のように見えた。人と家畜と花が似合った水上家屋は生の熱気を濃く漂っていた。


マーケット、金物屋、警察署、美容室、雑貨店などあるべきなものなどはすべてある。夜には電気もついてテレビを見ることもできる。電気は自動車バッテリーを充電して使うと言った。


豚小屋の中の豚も外地から来たお客さんたちを嬉しく迎えている。町会館と見える所では町の住民たちが集まって宴をしていた。多分良いことがあったようだ。


水上家屋住民たちの80%はベトナムから来た難民たちだと言った。残りは極貧階層のカンボジア人たちだ。陸地で家を建てる事ができない都合で地価の心配ない湖に家を建てて暮すのだ。家ごとに住所はないが船ごとに固有番号が書かれている。この番号を見て遠くから友達や親戚らが尋ねて来ると言う。


湖ではさまざまな人々にあえる。魚を捕る人々はもちろん小船に食料品と果物、飲み物などを積んで売るために通う移動式露天商もいる。ママは櫓を漕いで幼い娘は蛇ショーをして息子はバナナを売っている切ない姿も目撃することができた。異邦人にはこのすべての風景が不思議に見えたりするが悽絶な生存姿に胸が締めて来ることを感じる。


こちら人々は主に魚を捕りながら生活している。トンレサップは ‘水半分肉半分’と言葉するほど魚が多い。特別に栄養補充が難しい全体カンボジア人にここでつかまった魚がタンパク質供給の70%を担当しているという説明を聞いてどうしてトンレサップがカンボジア人々になくてはならない一番大事な所なのかを分かるようになった。


カンボジア国民が感じる幸せ指数は世界3位と言う。実際に彼らを近くで会ってみれば常に先に顔をほころばしたように見える。一気に純粋な人々というのを感じることができる。生が大変で苦しくても明るいほほ笑みをすることができる余裕を持った人々。彼らを眺めれば私たちの日常的な姿がとてもぜいたくなではないか反省するようになる。


사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.

プリヤ・カーン (Preah Khan) は、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、仏教とヒンドゥー教の習合寺院である。名は「聖なる剣」を意味し、かつて境内で発見された剣に由来する。アンコール・トムの北東に位置する。この地はかつてヤショーヴァルマン2世の王宮が建てられており、寺院を建立したジャヤーヴァルマン7世は、王宮を支配していたチャンパ王国のジャヤ・インドラヴァルマン4世をここで戦って討ち、その跡に自らの父を模して彫らせた観世音菩薩像を1191年に安置した。かつて寺院には千人以上の僧侶が住み、それを支える荘園が与えられ、そこには97,840人が暮らしていたという。ヒンドゥー教の神々や土地の聖霊らも境内に祀られていたが、後にヒンドゥー教を信じるジャヤーヴァルマン8世により仏像は破壊された。今はカンボジアの国教である仏教の僧侶らが境内で祈祷を行っている。溶樹の繁殖や彫像の盗難による損壊が大きく、今も修復が行われているが、カンボジアの安定に伴い多くの観光客が訪れている。名の由来となった聖なる剣は、プノンペンの国立博物館に収められている。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지



なんか、JR東海のようなタイトルになってしまったが、突然アンコールワットに行こうと思い立ったのが1月の中旬。なぜ行こうと思い立ったのかは、それは今年の4月から地区の役員をやって、休日返上で奉仕をしていた反動である。特に、暮れから1月末までは市議会選挙があって、それに振り回されてしまった。人間、追いつめられると何をするか判らない・・・ そうならないためには、ストレス解消をしなくては。それには旅行が一番。それも俗世間から一番離れた所というわけで、アンコールワットに行くことにした。

インターネットでアンコールワットの事を調べると、直行便は飛んでいない。たいていはバンコック経由でアンコールワットのあるシェムリアップの街に入るコースである。バンコックまで行って引き返すのは時間的にもお金的にも無駄である。何か良いツアーがないかと探していたらありました。カンボジア航空がチャーターをセントレア(中部国際空港)に乗り入れるのである。それを企画したのが近畿日本ツーリストe旅中部である。近ツーといえばJTBと肩を並べる大手旅行代理店。カンボジア航空という超マイナーな落ちそうな航空会社でも、保証はしっかりしているだろと勝手に思って予約を入れたのが2月4日である。

今回のツアーに申し込んだもう一つの理由はその料金の安さである。アンコールワットといえば、15万円前後するのが当たり前。でも、このツアーは4泊5日、全ての食事が付いて、なおかつセントレアの出国税とアンコールワットの入場料(40US$)が付いていて12万5千円である。ただ、カンボジアはビザが必要。別途9千円かかるが、少し高いけど仕方ない。あと1人部屋料金が2万円かかるが、これも仕方ない(笑)

トントン拍子に予約を入れて、一週間前からはネットでカンボジアの天気予報を見て、日頃の行いが良いのか、毎日晴れ時々曇りの天気。暑いところに行くから、服も簡単で良い。しかし、カメラ(キッスデジタル)のレンズ、何を持っていくかで悩む。標準ズームは持っていくとして、あとは何を持っていこうか最後まで悩んでしまった。結局、フィッシュアイと100ミリマクロを持っていくことにした。このチョイスは良かったと思っている。このあと出てくる写真を見て、エェーって言う人もいるかもしれないけど・・・(^^;

というわけで、順次旅行記をアップしていきます。文章的に面白くないかもしれないので、そんな人は写真中心に見てね(笑)



プロローグ セントレアへの道      
1日目 3月13日 シェムリアップ飛行場 初日の夕食アンコールビレッジ    
2日目 3月14日 2日目の朝 パンテアイ・スレイ遺跡 2日目お昼 チャオプラヤ アンコールワット外周
  アンコールワット内部 プノン・パケンからの夕日    
3日目 3月15日 アンコールワットの朝日 トンレサップ湖クールズ オールドマーケット アンコール遺跡観光
4日目 3月16日 アンコールトム ペンメリア遺跡 ポパンアンコールレストラン   
エピローグ 装備品や注意点



そうだアンコールワットに行こう

http://www.makinouen.co.jp/angkorwat/

お茶の牧農園 新茶 ダイビング情報ホームページ べにふうき







신고
Posted by Dharma.
バイヨン (Bayon) は、カンボジアのアンコール遺跡を形成するヒンドゥー・仏教混交の寺院跡。アンコール・トムの中央付近にある。バイヨンの呼び方で広く広まっているが、クメール語の発音ではバヨンの方が近い。バは「美しい」という意味で、ヨンは「塔」の意味を持つ。
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


신고
Posted by Dharma.

バイヨンの回廊
第一層には東西南北全方向に門がある。中でも東門の近くには両側に池のあるテラスがある。第一回廊にもレリーフが残る。アンコール・ワットにも存在する乳海攪拌のレリーフなどであるが、保存状態があまり良くない。第二回廊(外回廊)は約160m×120m。正面は、東側を向いていている。現在残るレリーフは、他のアンコール遺跡とは大きく異なった特徴を持つ。第二回廊にはチャンパとの戦争の様子やバイヨン建設当時の市場の様子や狩の様子などがレリーフに彫り込まれており、庶民の暮らしを窺い知ることのできる貴重な資料にもなっている。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지

신고
Posted by Dharma.

12世紀末にジャヤバルマン七世が建設したものです。その後ジャヤヴァルマン八世が13世紀の後半に改修しています。王宮の前にあり、王族たちがテラスの上から閲兵したもので、長さは300メートル以上あります。テラスの壁面には象やガルーダのレリーフがたくさん彫り込まれています。

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지

신고
Posted by Dharma.
ソーマー王女 (蛇の頭がここのつ付いている神さまの娘)が暮した伝説の故郷.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지

사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지



신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지


확대

신고
Posted by Dharma.
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지사용자 삽입 이미지

신고
Posted by Dharma.


티스토리 툴바